ランニング・トレイルラン専門店RWSの商品ブログ 

アクセスカウンタ

zoom RSS UTMB

<<   作成日時 : 2013/09/08 18:20   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

もう1週間もたちましたが、8月30日の金曜日、
世界最高峰のトレイルレース、UTMBに出場し無事ゴールできました。
 
 
168km、トータル9600mの累積標高のUTMB。
標高4,810mのモンブランのまわりをフランス シャモニーからスタートしフランス、イタリア、スイスと3国またいでシャモニーにもどり一周するツール・ド・モンブランと言われるコースを普通なら、足で5泊から7泊かけてまわるところです。
このUTMBのレースでは46時間の制限時間で行われます。
トップでゴールする選手は20時間30分でまわれると大会側は予測しています。
 
 
石井の結果は44時間04分。1285位でした。
 
目標は36時間でフィニッシュ、とまったく根拠のない予想をたててました。
実際は関門時間を気にしながらの完走すら危ぶまれたレース展開でした。
ですが、いいのです。何よりも嬉しいのは最後までこのレースを楽しめたことですから。
レース中は結果や順位なんかまったく気にしてませんでした。
故障明けのなかでの最大限の準備でしたので満足です。 
 
 
スタート。 
広いゲートをくぐり、シャモニーの街中を漏斗のようにコースがだんだん狭くなり、
観衆の壁の間を走り抜けていくとき、体の中から生まれてくる感謝と感動と勇気が、
抑えることなんてできるはずもなく、こみ上げて涙しました。 
それは感慨深さからくるというものではなく、これから始まる冒険の旅への感動でした。
 
レースは、脚やカラダがどこかしこと痛く、
心も締め付けられるくらいにキツいハードなレースでした。
 
シャモニーの街にまた戻れたとき、ゴールまで笑顔で迎えてくれる人たちの暖かい拍手と、
「Bravo!」、「お帰り!」と
賞賛の声が、ボロボロの自分を優しく包んでくれ幸せな気持ちでいっぱいになりました!
 
ありがとう、ありがとう、と。
 
 
 
 
とても多くの応援とサポートをいただきました。
本当に、本当に、ありがとうございます。
ライブトレイルでフォローしてくださり
気にかけていただいて本当に感謝です。
 
選手、応援、サポート、運営このレースに関わる全ての人たちがUTMBでした。
おかげで辛い局面がたくさんありましたが立ち向かえました。
 
 
 
この壮大すぎるレース、あまりにもたくさんのことがありすぎて
まだ、まったく頭の中でレポートがうまくまとまりません。
 

 
とにかく報告したいと思います。
 
 

スタート1時間30分前に、シャモニーのホテルから歩いて15分のスタート会場へ向かい、
さらにそこから歩いて10分ほどの体育館にドロップバック荷物を預けにいく間、
街は今まで見てきた以上の人、人、人で盛り上がりは最高潮。
祭りの群衆が今にも爆発しそうなくらい、
選手、応援する人、観戦する人、運営スタッフの人たちや観光客で街が溢れていました。
この光景、初めての海外レース前はうれしさがほとんどでしたが緊張も混じった不思議な感情が
時折わき上がりました。 
  
 
いつもなら、レースのこの雰囲気を楽しめて興奮とともにスタートを迎えるはずですが
この日は違いました。
もっと時がゆっくり流れてほしい、この雰囲気を味わいたいけれど、味わえば味わうほどレースへの緊張がたかまる。
 
スタートラインに並べたのは15分前くらい。
ぎゅうぎゅう詰めでちょうど真ん中あたりになんとか立てました。
 
 
 
 
 
画像 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
画像 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
画像 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

画像 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
画像 
 
 
 
 
 
 
 
 
画像 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
画像 
 
 
 
 

 
スタートは渋滞、大混雑もなくて意外とスムーズに走れました。
序盤は1000番目くらいかな、というポジションでしたが、思ってた以上にペースが速い!
だけども無理して走っている感じではないので、流れにのって走ってました。
 
 
体調もいい感じでしたし、沿道は子供から大人まで「Allez, Allez!」の声援がとても心地よい。
 
 
画像 
 
 
 
 
 
 
画像 
 
 
 
 
 
 
 
トレイルに入ると少しペースが落ち着くかなと思いきやそうでもない。
これは、今の自分が相当走れない状態だったのでしょうか。
焦らないように無理しないで走ります。
 

 
画像 
 
 
 
 
 
 
 
画像 
 
 
 
 
 
 
画像 
 
 
 
 
 
 
 
 
画像 
 
 
 
 
 
 
 
画像  
 
 
 
 
 
 
8km地点のエイド、「Les Houches」を過ぎて、急坂が出てきます。
最初の山は700mを登り、900m下る。六甲山を登って下りるくらいです。
 
その途中で私設エイドがり、フランス人の少女が、
「おにぎりいる〜?」と流暢な日本語で声をかけてくれました。
「わたしのお母さん、日本人」と
おにぎりをくれたんです!
 
出だしから楽しい旅が始まりました。
こういう出会いが好きなんです。
 
画像 
 
 
 
 
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
UTMB ランニング・トレイルラン専門店RWSの商品ブログ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる