ランニング・トレイルラン専門店RWSの商品ブログ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 表浜海岸、ウミガメ、海、走る

<<   作成日時 : 2017/06/08 14:11   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 
 
 
海開きはまだだけど梅雨入り前に海に行きたい、
 
 
てなことはないのですが、海に行きました。
 
 
 
海岸沿いを50km走る。
 
 
 
はっ!?なんで?
 
 
ある日、近所にあるサーフショップみたいな雰囲気のパタゴニアのお店に買い物に行ったときでした。

愛知県田原市に表浜海岸がありますと、店員のおにーさんが教えてくれました。
しらべたら50kmの海岸...。
 
 
そして、この砂浜は日本でも珍しいウミガメが産卵にくるということも!
 
 
いくか。
 
 
ウミガメに会いに!
 
 
 
 
あまり海に行く機会がないし、
思い切って海岸沿いを走るってどうなんやろうー、とおもしろいなあと思いました。
 
 
仕事終わって電車を乗り継いぎ、
3時間くらいかけて三河田原駅まで行きました。
 
いやー、まったく知らないところに行くとなると興奮しますね!
こんな時期、海にギャルなんているわけないのに海沿いを走りたいなんて。
これは、すんげーストーリーに出くわすのでは、と期待感がありすぎて、
軽く瞳孔を開きっぱなしで新幹線に乗ってる怪しい人。
 
 
そして、なんだかとてーもテントと夜空が恋しくなってた私...。
シェルターとシュラフを担いで灯台付近で寝る計画。
  
 
 
 
 
三河田原駅から伊良湖岬まで荷物を担いで走り。
そんでもって岬の灯台付近の風の少ない場所でテントで寝て夜を明かし。
 
朝、海岸物語ランをスタート。
 
画像

 
 
 
 
 
うおー!
 
 
 
海だっ。
 
 
 
 
 
朝イチの海と空のなんて青いこと!
 
 
 
 
画像 
 
 
 
 
 
 
 
 
おー。恐竜の骨発見したような流木!
 
画像 
 
 
 
 
 
 
 
 
画像
 
 
 
 
 
 
 
 
画像 
 
 
 
 
 
海岸に道なんてありませんから、ひたすら太陽の方角に向かって走ります。
  
 
 
 
 
 
画像 
 
岩場の陰にあった窪みに、天然の塩を発見。
 
朝、あんなに寒かったけれど太陽の照りつけがすごく、汗もたくさんかいた。
この天然の塩を舐めて水を飲んだ瞬間、いままで一番美味しい塩の味がし、
一気に元気にもなった。
 
自然が勝手に作った恵みを、人は知恵を使って発展させていったってことか。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サーファーが波を待っている。 
 
画像 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
砂がとても気持ちよさそうなので、何回か裸足になって走った。
 
画像 
 
 
 
 
 
 
走ったというか、だんだんと疲れてきて次第に歩くペースに。
とにかく肩が痛く、室伏広治の僧帽筋が欲しいーとか、心の中でつぶやいたりしてました。
 
8kgぐらいの荷物なのに、ヤワになったもんだ。
 
画像 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
思うように先へ進まず、その日の夜に予定を入れていた自分は、
20kmくらいのところで海岸を離れて三河田原駅に向かいました。
 
 
目的達成ならず、敗退。
 
 
この時間がないからとか、約束があるんで〜という言い訳が一番腹立つのですが仕方がありません。
それでも、表浜海岸がステキすぎて、しょぼすぎる旅の終わりでもそんなことすらどうでもいい感じでした。
 
 
ウミガメには会えませんでした。
  
心の中でウミガメに会えたらと期待してましたが、
この綺麗な砂浜にウミガメが産卵しに来るんだ、という想像だけでも
表浜海岸に実際に自分が来てみて良かったと思います。
  
  
実は、ウミガメの赤ちゃんの腕を一本だけ、砂浜に落ちてたのを見つけました。
 
 
いろんな事情があるので、よーく詳しくはわかりませんが、
ウミガメも大変な時を迎えているそうです。
 
 
 
体力のない私ですが、またチャレンジします。
 
 
 
海で自撮りしたら、ちょっと自分がカメみたいに見えました。
 
画像 
 
 
 
めざせ、亀仙人!
 
 
 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス
表浜海岸、ウミガメ、海、走る ランニング・トレイルラン専門店RWSの商品ブログ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる