ランニング・トレイルラン専門店RWSの商品ブログ 

アクセスカウンタ

zoom RSS サンタ・バーバラ エンデュランス・ラン100k SBER 100K

<<   作成日時 : 2017/08/04 17:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

アメリカに渡った2日後に、100kmのトレイルレースを走ってきました。
 
画像 
 
土曜日の朝7時スタートだったのですが、日曜日の夜明け前までかかってゴール...。
この感覚は100マイルレース走ったくらいの疲れでした。
 
怖くてよう入らんスナック、ってな明かりだけのゴールゲート。
 
ゴール会場にいた5人くらいのアメリカ人に「おまえはヒーローだ」と祝ってもらえ、
焼きたてのベーコン&チーズをベーグルにはさみ、コカコーラと一緒に食べてたら
疲れも忘れてテンションもなんだか高くなり幸せでした。
 
完走者にはメダルとバックル。
バックルの重みを手にしたときは嬉しかった。
 
 
 
SANTA BARBARA ENDURANCE RUN 100K。
略して、SBER100。
 
参加人数は100人くらいで、他にハーフマラソン、フルマラソンのカテゴリーもあるけれど、おそらく300人も走っていなかった。200人もいたかどうか怪しいくらい。
 
100kmの完走率は30%だったらしいです。
 
 
 
 

本当にローカルな雰囲気のいい大会でした! 
 
レース全体を通してもおもしろいコースでした。
5人くらいのパックになって8kmくらいのダウンヒルを走ってた時は最高な時間でした。
僕以外は、全員ハンドボトルだけ(笑)
サポーターとペーサーを付けれるルールなのでそれでOKなんやろなー。
登りでもめちゃくちゃ飛ばしてました。

しかし、サンタバーバラはとにかく暑いっ!
 
調子がいいと思ってても、気がついたらカラカラに体が乾いて、フラフラに。
 
女性ランナーがフラついている自分に、「そのBuffを貸して!」と自分の首に巻いてあったバンダナを外して
僕のBUFFとドッキング。その女性の方はバンダナに氷を詰め込んでいたんですね。
そしたらめちゃくちゃ冷たくて、首をひやすと、見違えるように復活しました。
 
アームスリーブに氷をパンパンにつめて首に巻いてたの、そういうことか。
 
そういえば、バンダナを首に巻いているランナー多かったな。

どうやら、暑さ対策が甘かったです。
  
 
向こうはとにかく乾燥していて、なぜか街よりも山の中の方がめっちゃ暑い!
サンタバーバラはもうすぐそこがメキシコといっていいくらい南です。太陽が痛すぎて黒焦げになりました。
 
男性選手の方が、サンスクリーンを貸してくれたのですが、それがとてーーもいい感じに!
こんなに、違うのですねー!
と、塗りたくってもいいよというので痛いところ塗りまくり。
 
日焼けで、かなりパフォーマンスが違ってくるようです。
 
 
だけども、後ろから迫ってくるランナーは笑顔でこんなこといって抜いていきます。
 
「ヘイッ! 景色見てみろよ〜。ゴージャスじゃー」
 
 
 
画像 
 
 
 
 
 
  
もう、彼らは明るいので暑くても元気出すしかない(笑)

 
 
 
 
 
 
 
脳の中は、氷の浮かんだプールに入って、冷えたビールが飲みたい。
そんな想像をたくさんしながら何とか耐えてゴールできました。 
 
 

おそらくこんなレースは2度とは味わえない。
僕は好きなレースでした。
もしチャンスがあれば。  
 
 

 
 
画像 
 
上の写真はレース前日の、サンタバーバラ・ジュニアハイスクール内にある受付会場。
 
広くてなかなかたどり着けない。
 
 
受付にいるレースディレクターのおっちゃんは、とてもフレンドリーだけど、酒好きで頑固おやじっぽかった。
 
 
なんとこのSBER100kはUTMBのポイント指定レースだという。
それなら、もっと人気があってもいいのかなあーと単純に思うのだけど、100人くらいで参加者数を制限しているみたいだ。
 
そらー、受付会場がこんなかんじだったら、そんなもんかなーと(笑)
受付に来た時は、そんくらいにしか考えてませんでした。
 
実際レース走ってみれば、スタッフも選手もかなり大変なので、なるほどなあ〜と。
 
ローカルレースっ、めっちゃいいっすね! 
 
選手は自分の走りに夢中になりながらも、ボランティアを含めて家族や友人の応援・サポートと一緒に気持ちをシェアできる。
 
レース全体が家族みたいな感じがしました。
 
じっさいに、お互い助け合ったし!
 
 
だけど、ほんとにユルユルでした(笑)
でも、僕にはかっこいいーと思えるポイントの多かったレースです!
 
 
 
 
 
 
 
 
画像 
 
朝の5時にゴール会場集合。
車を止めて、バスでスタート会場に。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
画像 
 
バスの中。
 
フルーツ食べたくなった。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
画像 
 
体育館の中で朝のブリーフィング。
みんな土足だったけど、ほんとに大丈夫なん??
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
画像 
 
フリースタートという、なんともよく分からないスタート。
「ここから2マイル先のゲートがスタートだから、それまで俺のトラックに着いてこい。だからフリーだ」
みんなこんな感じで、急に走り出す。 
 
 
 
 
 
 
画像 
 
フリースタートしているランラン。とりあえずスタートゲートまで一緒に走りました。
 
21kmも42kmも100kmもスタートは同時。
ペース早すぎなのか遅いのかもどうでもいい、何やーこのノリは(笑)
 
締まらんな〜と思ってましたが、あんなスッゲーぇレースになるとは思ってもなかったです(笑)
 
 
 
 
アメリカ、面白いですねー!
 
 
 
 
 

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
サンタ・バーバラ エンデュランス・ラン100k SBER 100K ランニング・トレイルラン専門店RWSの商品ブログ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる