UTMFでも大活躍!SWANSの調光レンズ

休みの日に比良山系へ山登り。
  
権現山からワンデイでどれだけいけるか。
トレランで走ればずいぶんと時間短縮が出来るのだろうけれど、
オール歩きだとどうか。 
 
意外とかかりました。
 
それでも武奈ヶ岳まで行けたのでよかった~。
7時間30分で約20km。
獲得標高は1925m。
 
 
 
 
天気は最初曇ってたのですが、紫外線量で明るさが変わる調光レンズが黒くなってます。
曇りの日でもしっかり紫外線対策しときたいです。
 
画像 
 
 
 
この調光レンズをつかったサングラスはトレイルランに最適です。
UTMFでも終始サングラスをしてました。夜でも昼でも。
 
 
最近はロードバイクで汗をかいてます。
屋外に出る時、日中はサングラスが必要になります。
まぶしさを防ぐのもありますが、紫外線ってけっこう目を疲れさせます。
 
それにロードバイクだと時速30kmくらいすぐにでます。
風がすごいのでサングラスをしていると目が風の影響を受けず視界がいいです。
調光レンズだと夜でもクリアーに。
 
 
 
 
SWANSの" Photochromatic Lens "シリーズ
画像 
 
レンズが屋内だとクリアー化
 
 
 
 
こちらでもお求めいただけます。
 
RUN-WALK Styleネットshop
>>SWANS LION フォトクロミックレンズ 
>>SWANS WORRIOR フォトクロミックレンズ

 
 
 
 
 
 
 
 
" What a sky! " 
 
空と山のコントラストを見ているとカラダもこころも自然に溶け込んでいくようです。
  
画像 
 
 
 
 
 
 
 
 
武奈ヶ岳山頂。
 
SUUNTO AMBITで頂上での標高を確かめると、誤差がわずか3m! 

画像 
 
 
 
 
スタート地点で山地図を見てAMBITの標高の補正をしました。
この補正をするしないでその後の行動が違います。
 
AMBIT 2はGPSでの位置情報から標高を補正する機能がつきました。
なので急激な天候の変化で気圧と温度がかわって時計が示す標高の正確性が保てます。
 
写真のはAMBITのワンですけど、山行く時は十分満足できる時計です。
 
 
 
こないだゆっくり走ってみました。
乗鞍高原から帰ってきて調子がとてもいい足首。 
でも、もう少しガマンかな。 
 
 
トレイル走れる日が待ち遠しいです!